1. ホーム
  2. 施設紹介
みやげもの きょうと和み館の建物は1914年(大正3年)に建てられた、築100年に至る近代建築物です。京都のたばこ王・村井吉兵衛が創業した旧・村井銀行の七条支店として建てられました。設計者は吉武長一。建物正面の、ドリス式オーダーの4本の円柱、細部の幾何学的装飾、さらに古典様式の名残があり、アール・デコなど、モダニズムへと至る過渡期の、いかにも大正初期らしい建物といえます。迫力ある外観と高い天井の醸し出す店内の開放感。そこには、京都の伝統ある文化と、大正モダニズムが心地よく融合する空気を感じ取っていただけることでしょう。この、京都の伝統と革新を受け継ぐ貴重な建物空間の中で、気軽に楽しんでいただく、飾らない和みのおもてなし。きょうと和み館がお客様にお届けしたいのは、そんな「和み」の心です。
レストラン2F レストラン1F みやげもの

※写真をクリックすると詳細が表示されます

Page Top