ホテル サービス

吉田 雄哉さん(2013年 新卒入社)

うぶすなの郷 TOMIMOTO

新卒でノブレスグループに入社し、ホテル関西、ホールディングス、なら和み館と様々な拠点での業務を経験、現在はうぶすなの郷 TOMIMOTOで主任として勤務。 うぶすなの郷 TOMIMOTOはお客さまから求められるサービスの質が非常に高く、すべてのコミュニケーションがお客さまへのサービスとなっていると実感。 できることだけをするのではなく、お客さま一人ひとりに合った感動を呼ぶサービスを提供するため日々努力している。

ソーシャルメディアの担当者を成果表彰する「ソーシャルメディアアワード」第2回においてはベストアカウント賞を受賞。四季を感じる写真やていねいなコメントなどが支持され、ファンを増やしている。

大切な価値基準を見つけた場所

就職活動では「地元の奈良に貢献したい」という気持ち以外には特になく、幅広く業界業種を見ていました。その中で奈良にホールディングスがあるノブレスグループを就職情報サイトで見つけ、なんとなく説明会に参加しました。このときは正直何をしている会社なのかわかっていなかったのですが、説明会で川井代表と当時の採用担当者の金田さんと出会い(現在は新日本輸送の所長として活躍されています)、「仕事は何をするかよりも、誰とするかで選ぼう」と直感的に思ったことを今でも覚えています。

結果としてはノブレスグループ以上に魅力的な人との出会いももちろんなく、面接も素の自分で臨めた唯一の会社だったので、迷うことなくノブレスグループへの入社を決めました。これまでの人生ではそこまで「人」で左右されることはなかったので、就職先を見つけるとともに、自分にとって大切にしたい価値基準を見つける場ともなりました。

 

できることだけをする。それはサービスではない

今はうぶすなの郷 TOMIMOTOという宿泊施設で主任として勤務しています。これまでホテル関西、ホールディングス、なら和み館と様々な拠点で勤務しましたが、うぶすなの郷 TOMIMOTOは顧客単価も非常に高いため、求められるサービスクォリティーも桁違い。これまで培ったサービススキルをベースに、何段階もレベルをあげていかないといけないと感じており、すべてのコミュニケーションがお客さまへのサービスとなっている実感があります。

また、うぶすなの郷 TOMIMOTOにお越しになられるお客さまが求めているものは特別感や幸福感だったりします。「できることだけ」をしていてはサービスとして認めてもらえません。いかにお客さま一人ひとりに合った感動を呼ぶサービスを提供できるかが大切になってきます。正解のないものにこそ面白みがある、とサービスを長年していると感じます。

 

責任とは売上である

入社3年目にうぶすなの郷 TOMIMOTOに異動、同時に主任というポジションをいただくことになりました。主任になることでアルバイトスタッフの指導や育成など、マネジメントの責任が生まれたのですが、現在は「責任とは売上である」という結論に至っています。これは、決して売上至上主義という意味ではなく、売上はお客さまからの支持数・支持率だと考えていて、世の中の企業でも同じだと思いますが、お客さまからの多くの支持があるからこそ、売上の大きな企業になると思います。 うぶすなの郷 TOMIMOTOも多くの支持をいただける宿泊施設になっていかなければならないと思っています。そして、売上を増やすことで今マネジメントしているアルバイトスタッフの雇用の安定化にもつながります。私は「責任とは売上だ」と思っています。