• 観光情報

Other Facilities ~静かな時を奏でる、寛ぎのホテル~

館内施設

古都・奈良。世界遺産やなごむ風景がたくさんある素敵な街。
初めての方にも、何度も訪れる方にも、なつかしさを感じさせる、そんな空気が流れる奈良という場所。
コンシェルジュより、みなさまにおすすめ観光スポットをご紹介いたします。

2017年10月3日(火)~4日(水) 采女祭/采女神社(春日大社)

※拡大・縮小は、「+」「-」の目盛りで可能です。
 地図をドラッグすることも出来ます。

徒歩20分

奈良時代に天皇の寵愛をうけた采女(後宮で天皇の給仕をする女官の職名)が、天皇の関心が薄れたことを悲観し猿沢池に入水した霊を慰めるために始まったという采女祭。中秋の名月の日に行われ、今年は10月4日(水)です。
17時にJR奈良駅前から猿沢池に至る三条通にて花扇使、ミス郡山、ミス奈良などのお渡り式が行われ、秋の七草で美しく飾られた2m余りの花扇と数十人の稚児、御所車に乗った十二単姿の花扇使や姉妹都市 福島県郡山市から参加いただいているミスうねめ、ミス奈良などが天平衣装をまとって市内を練り歩きます。
18時に采女神社例祭、19時に花扇を管絃船に移し、雅楽の調べとともに池を巡り、最後に花扇を池に浮かべて采女の霊を鎮め、同時に人々の幸せを祈ります。
この日、釆女神社の前で、仲秋の名月の月明かりで縫針に赤糸を通せば願いが叶うという言い伝えも。雅やかで見逃せない、秋の奈良の風物詩となっています。

奈良に伝わる、采女の伝説>>
福島県郡山市に伝わる、采女の伝説>>

※写真の複製、転載を禁ず

会場 采女神社:奈良県奈良市樽井町
開催日時 10月3日(火)17:00~宵宮祭
4日(木)17:00~花扇奉納行列(JR奈良駅~三条通り~采女神社)
     18:00~花扇奉納神事
     19:00~管絃船の儀
      ※雨天の場合は要問合せ
アクセス 近鉄奈良駅より徒歩7分、JR奈良駅より徒歩12分
お問い合わせ 采女祭保存会 TEL 0742-22-3900(奈良市観光センター)
管弦船乗船体験 日時:9月29日(金)・30日(土)・10月1日(日)・3日(火)
   10:00~16:00 (3日は15時まで)
場所:猿沢池 采女神社前 ※雨天中止
料金:大人1,200円 子供(5歳~小学生)600円 采女祭絵馬付き

一覧ページに戻る

オンライン予約

  • ご予約専用フリーダイヤル 0120-200-350
  • プラン一覧を見る
    • 予約の変更
    • キャンセル
    • マイページログイン

インフォメーション

クチコミ評価

上記のホテルアジール 奈良のクチコミはTripAdvisorより提供を受けています

アクセス

アクセス

〒630-8247
奈良県奈良市油阪町1-58
TEL:0742-22-2577

チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00

京都駅より約40分、大阪・難波駅より約45分

アクセスページを見る

コンシェルジュmemo

画像:コンシェルジュmemo

飛鳥

のどかな風景のなかに多くの古墳、遺跡、古寺があり見どころ満載です。散策に適した距離にあるので、お天気の良い日には自転車で巡るのもお勧めです。
飛鳥には、不思議な形をしたミステリアスな石造物があちらこちらに点在しています。地図を片手に散策し、見つけた時の喜びとわくわく感はまるで宝探しでもしているような感覚で楽しむことができます。
蘇我馬子の墓といわれている「石舞台古墳」。巨石が見事に組み上げられていて、近くで見るとその大きさと美しさに圧巻です。
お食事処もたくさんあり、牛乳を加えた鶏がらベースの飛鳥名物「飛鳥鍋」はまろやかさとコクがあり、体をあたためてくれます。
山道を登ると、厄除けで有名な「岡寺」があります。日本最大の塑像であるご本尊の如意輪観音は厄除け観音として信仰を集めています。境内も広く飛鳥を見渡せる景色がとても綺麗です。