スタッフブログ

2014年03月03日 スタッフブログ
万物が躍動を始める三月 ~奈良の春を呼ぶ行事のご案内~

万物が躍動を始める三月 ~奈良の春を呼ぶ行事のご案内~

まだ風の冷たく感じられるこの頃ですが、奈良でもそろそろ、花の便りが届くようになりました。
上の写真は、ホテルアジール・奈良の企画いたしました「古都フォト・コンテスト」にお寄せいただきました一枚で、月ヶ瀬梅林の梅です。
姿良し、香り良し。奈良時代は「花見」といえば桜ではなく梅であったといいます。
名張川を挟む付近一帯に約1万本の紅白の梅が咲き乱れる月ヶ瀬梅林は、ただいま蕾がふくらんで、いよいよ開花かというところ。
これから見ごろを迎えますので、ぜひお越し下さいませ。

万物が躍動を始める三月 ~奈良の春を呼ぶ行事のご案内~

先月はソチ冬季オリンピックで盛り上がりましたね……!
手に汗を握って応援しているうちに、たまらなくなり、自分も出たい……!なんて夢を描いた方もいらっしゃったのではないでしょうか。
オリンピックは無理かもしれませんが、今からでも日本代表になれる(かもしれない)奈良発の注目競技をご紹介いたします!

その名は「鹿せんべいとばし大会」
若草山で鹿せんべいを飛ばしその飛距離を競う大会です。
昨年の謀インターネット調査「日本・世界の変わった競技ランキング」で映えある1位に輝きました。
「優勝すれば日本一どころか世界一!」のキャッチフレーズを侮るなかれ、外国人の方が参加されていたり、せんと君が参加していたり、かなりワールドワイドな大会となっています。
20年あまりの歴史があるこの大会、次の大会は、「鹿せんべいとばし 春休み大会」。3月21日(春分の日)、22日、23日に開催されます。
会場となる「若草山 南ゲート」は見晴らしが良く、雄大な自然を舞台に鹿とたわむれつつ軽く運動できるこの大会は、命の洗濯に最適。
ホテルアジール・奈良からお出かけになるのはいかがでしょうか。

万物が躍動を始める三月 ~奈良の春を呼ぶ行事のご案内~

3月の奈良の催しといえば、なんといっても「お水取り」が有名です。
東大寺の修二会は3月1日から3月14日にかけて行われ、12日の深夜に二月堂下の若狭井(わかさい)から、水を汲み上げる行事が行われることから「お水取り」の通称で親しまれています。
観光のハイライトとなる「お松明」は日没後に行われますので、現地まで約30分、ホテルアジール・奈良へのご宿泊が便利です。

観光情報 修二会(お水取り)/東大寺>>
華やかな花に包まれる 薬師寺の修ニ会「花会式」>>
ご宿泊のご予約はホームページがお得です!>>

奈良では「お水取り」が終わると春が来ると言われています。
万物が躍動を始める季節、
皆様のお越しを心よりお待ち申しあげております。

オンライン予約

  • ご予約専用フリーダイヤル 0120-200-350
  • プラン一覧を見る
    • 予約の変更
    • キャンセル
    • マイページログイン

インフォメーション

クチコミ評価

上記のホテルアジール 奈良のクチコミはTripAdvisorより提供を受けています

アクセス

アクセス

〒630-8247
奈良県奈良市油阪町1-58
TEL:0742-22-2577

チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00

京都駅より約40分、大阪・難波駅より約45分

アクセスページを見る

月別アーカイブ